教場の瓜原に死亡フラグ!殺されるのは最終話?花壇のシーンで演出

芸能
PR
PR
スポンサーリンク

フジテレビの月9ドラマ「教場0」の瓜原に、死亡フラグが立っているのではないかと噂されています。

またSNS上で、花壇のシーンの演出が死亡フラグなのではないかという意見が多く見られます。

 

そこで気になるのは、「教場の瓜原の死亡フラグについて」や「瓜原が殺されるのは最終話なのか?」、「瓜原と風間公親の癖が同じ?」などではないでしょうか。

なぜ、花壇のシーンが瓜原の死亡フラグになっているのか気になります。

 

そこで今回まとめた内容はこちら

・教場の瓜原に死亡フラグ?

・教場の瓜原が殺されるのは最終話?

・教場の瓜原の癖と風間公親は同じだった!

 

あなたにおすすめの記事はこちら↓

教場の新垣結衣の娘は諏訪結衣!子役の経歴やプロフィールについても!

 

スポンサーリンク

教場の瓜原に死亡フラグ!

ドラマ「教場0」で、瓜原に死亡フラグが立っているのではないかと噂されているシーンを紹介していきます。

それは、瓜原が警察学校時代に花壇の花を見ていたシーンです。

このシーンで瓜原は、愛おしそうに花壇の花を見つめていました。

 

この花壇は、「教場2」のスペシャル版にも登場しています。

スペシャル版では、この花壇は風間がお世話をしていました

 

このことから、瓜原と風間との間に何かあったのではないかと思われます。

また、この花壇の花について風間が語るシーンで「私と組んで捜査をしていた。まだ若かった。」と話しています。

 

この、「まだ若かった」という過去形の言い方は、瓜原が現在はもう警察をやめてしまったのか、あるいは悲しいことに、この世を去ってしまったのか、ということを暗示しているのではないかと考えています。

なぜ過去形で「若かった」と表現したのでしょうか。

それは風間が自分の人生に何らかの決別を感じているからなのではないしょうか。

 

この一文からは、瓜原の過去と現在の関係について、さまざまな想像をふくらませることができます。

スポンサーリンク

教場の瓜原が殺されるのは最終話?

ドラマ「教場0」では瓜原が殺される可能性があるのではないかと、ファンの間で囁かれています。

原作では瓜原は最後まで生きていますが、ドラマではどうなるのかはまだ分かりません。

 

瓜原が殺されるのは最終話なのか、それとも最終話の前に殺されてしまうのか、それとも生き延びることができるのか、ドラマの展開に注目が集まっています。

スポンサーリンク

教場の瓜原の癖と風間公親は同じ!

ドラマ「教場0」で、瓜原と風間は書類をトントンと揃える癖があることが分かりました。

この癖は、ただのクセではなく、重要な伏線になっているのかもしれません。

 

ドラマ「教場2」のスペシャル版の警察学校の授業開始前のシーンで、風間が書類をトントンと揃える場面がありました。

また、「教場0」でも瓜原が書類をトントンと揃える場面が2回ありました。

わざわざ2回出てくるということは、何か意味がありそうですよね。

 

この先の展開として、瓜原は犯人によって殺害されてしまうのではないかと予想しています。

その際に、瓜原を助けようとした風間公親は、犯人との激しい格闘の末に、右目に深い傷を負ってしまうのではないかと推測しています。

その後、風間公親は、瓜原の死を乗り越え、彼のことを忘れないように、瓜原がよくしていた癖を、自分もわざと真似するようになったのではないでしょうか。

それは、瓜原の存在を忘れないための方法であり、彼への敬意の表現でもあるのかもしれません。

 

これはあくまで予想なので、実際のところは分かりませんが、書類をトントンと揃える癖は、瓜原と風間の共通点であり、ドラマの結末にも関係してくるのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

瓜原は、死亡フラグが立っているのかもしれませんが、本当に死亡するのか、序盤で殺されるのか、最終話で殺されるのかは不明です。

原作小説では、瓜原は死亡していないため、原作とドラマでは異なる展開になりそうです。

 

これからドラマの結末がどうなっていくのか、また瓜原はどうなるのか、目が離せません!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
はてなハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました